空飛ぶモンティ・パイソン 第1シリーズ

著 : エリック・アイドル , グレアム・チャップマン , テリー・ギリアム , テリー・ジョーンズ , ジョン・クリーズ , マイケル・ペイリン
監修 : 須田 泰成
翻訳 : 高野 由美
出版社: イースト・プレス
ISBN-10: 4872577434
ISBN-13: 978-4872577433
発売日: 2008/2/14

(amazon.co.jpより引用)
モンティ・パイソンの「本当の面白さ」がわかる、オリジナル・スケッチ完全翻訳版!

パイソンズは何を表現したかったのか? 彼らのどこが画期的だったのか?
DVDの吹替えや字幕では伝えきれないギャグの意味、文化的背景、言葉のニュアンスにまで踏み込んだ、必読のサブテキスト!

日本を代表するパイソニアンたちによるスペシャル・インタビューも収録。
ケラリーノ・サンドロヴィッチ(劇団「ナイロン100℃」主催)
松尾貴史(放送タレント)
桑原茂一(クラブキング代表)
吉田照幸(「サラリーマンNEO」ディレクター)
田口重雄(『モンティ・パイソン』日本語版監修)

「子どもの頃、タモリさんがデビューするきっかけとなった東京12チャンネルの吹き替え放送で親しんでいたが、モンティ・パイソンはやはり「別格」だと思う。 スケッチをつなぐ脈絡に、想像を絶する詩的な飛躍があるのだ」
茂木健一郎

「生まれ変わったら、ビートルズではなく、モンティ・パイソンのメンバーになりたい」
ジョン・レノン

「ただ笑わせる。徹底的に笑わせる。他に余計なものはなにもない」
ケラリーノ・サンドロヴィッチ

「イギリスの人間にとってのモンティ・パイソンは、掛け算の九九くらいの基本なのかもしれない」
松尾貴史